黄色とグレーのカプセル

産み分け

妊娠した時には男の子か女の子なんて分からないですし、今でも皇室等では出産まで性別は伏せたままにしていますよね。
ですが、最近は検査をすれば男女どちらかが生まれてくるか早い段階で分かりますし。
男の子であっても女の子出会っても生まれてきた赤ちゃんは可愛い物です。
しかし、男の子ばかり3兄弟ともなると女の子が欲しいと考えるのが人間です。
女の子ばかりの場合は男の子が良いなとか思ってしまいますよね。

父親も母親も、それぞれ息子娘に対する憧れを持つ物でその憧れを満たす為に産み分けをする事もあります。
生みわけとは、受精のタイミングを計る事で男女の性別を選ぶというものですが、なかなか上手くいく物では無いですね。
排卵検査薬を使う事で排卵日が特定出来れば、産み分けを狙う事も出来ますが、難しい事です。

女の子を希望する場合タイミングは非常にシビアです。
排卵の二日前にセックスするのが基本となります…というかこのタイミングでしか女の子は難しいでしょう。
母親の内部がアルカリ性の場合は男の子が生まれやすく、酸性の場合は女の子が生まれやすいと言われています。
セックスの際、女性がオーガニズムに達した場合、内部はアルカリ性になりやすいので男の子が生まれやすいと言われますよね。