黄色とグレーのカプセル

確率

妊娠する確率って意外と低いって知っていましたか?
適齢期でも20~30%なんですが、この数字も排卵検査薬で
排卵の時期をしっかり予測した上での事なんですよね。

排卵を考えれば受精できるのは一カ月に約6日程度
この間に上手くセックスをしなければ受精は出来ないわけです。
精子自体が射精から72時間程度で活動停止するので
上手くタイミングを合わせる事が重要なんですよね。

妊娠したいと思ってる人はやみくもにセックスするのではなく
排卵期をしっかり予測した上でする事で確立を上げる事が出来ます。
排卵検査薬も、一日に何本も使う事によって
正確な排卵状況を知る事が出来るので、しっかり余裕を持って準備する必要がありますね。

また妊娠を望んだとしても、すぐに受精出来る物でもないので
1年から2年程度の長いスパンで考える事をおすすめします。
例えば、20代での受精確率は非常に高く
1年で80%以上、2年で90%以上と言われており、年齢を重ねるごとに
受精率は下がって行く傾向にあります。

そのため、出来るだけ早い段階で受精を意識する事で、妊娠確率が上がるわけです。
また、不妊の問題を抱える人が10人に1人程度の確率で存在するので
心配な場合は早めに病院に向かうと良いでしょう。